XM口座のゼロカットシステムを詳しく解説!

トレードの際の注意 XM

XM口座のゼロカットシステムを詳しく解説!

XM口座のみならず、海外口座に備え付けられているゼロカットシステム。

これは「強制ロスカット」とは全く違うものです。どちらも相場が荒れたり、急激な値動きによって口座に大幅なマイナスが出た時の救済措置ですが、どちらも似たようなものと、よく混同される方がいらっしゃるので注意しましょう。

違いは何か?どのように有効活用すればいいのか?詳しく見ていきましょう。

そもそもロスカットとは?

ロスカットとは、急激な相場の転換や荒れて暴落した際に、取り引きシステムが強制的に決済し、少しですが資金を残してくれる投資家にはとてもありがたいシステムです。

しかし、短時間での急激な相場の暴落の場合、このロスカットが間に合わない場合というケースも存在します。こうなってしまうと投資家は大きなマイナスを負ってしまうので、ロスカット以外のセーフティーネットがあるかどうかもかなり重要になってきます。

ゼロカットシステムとは?

そもそも、通常はロスカットで決済されるはずですが、あまりにも異常に大きく動くとロスカットが間に合わず、大幅にマイナスを背負った状態でロスカットされ、マイナスの金額を負わされてしまいます。

ゼロカットシステムは、本来投資家が背負うはずのマイナス分をFX業者が負担するという海外独自のサービスです。今のところ国内業者は実装しておらず、このゼロカットシステムの有無で海外業者を選ぶ投資家もたくさんいらっしゃいます。

XM口座にもあるゼロカットシステムは究極の救済措置

ゼロカットシステムが採用されている海外業者は、元本を上回う損失は発生しないという現時点では投資家にとっては最強の救済システムといえます。この知識、このシステムがあるとないとでは大違いですのでしっかり頭に入れておきましょう。