XMのZERO口座についてわかりやすく解説いたします

XMゼロ口座4 XM

海外のFX証券会社はレバレッジが高く証券会社によってはリアルトレードで使用出来るポイントの付与もあるのでとても魅力的ですがそのかわりにスプレッドが高いのが問題点です。

ですがもしスプレッドが国内の証券会社と変わらない程度の水準だったとしたらどうですか?

気になりますよね?

そんな疑問を今回は解決していきたいと思います。

XMのZERO口座とは?

XMには3種類の口座が存在します。
* マイクロ口座
* スタンダード口座
* ZERO(ゼロ)口座

それぞれ説明していきたいと思います。

マイクロ口座

1ロットが1000通貨に設定されており、一度の取引で最大100ロットまで持てます。
個人的にはあまりマイクロ口座を開設するメリットがないのでこちらはスルーで構わないと思います。

スタンダード口座

1ロットが10万通貨に設定されており、最大ロットは50に設定されております。
スプレッドはマイクロ口座と同様平均して2pips程度となっております。
スタンダード口座は1番人気な様でとりあえず口座開設を考えている方はこちらの口座で良いと思います。

ZERO口座

レバレッジは500倍と他の口座に比べると低い(マイクロ、スタンダードは888倍)ですがスプレッドは他の口座と比べて格安の平均0.1pips程度と国内の証券会社に劣らない安さになっております。

これらを見る限りZERO口座にはメリットしか感じませんが実はデメリットも存在します。

* 他の口座ではかからない手数料が発生する
* 入金ボーナスがもらえない
* 他の口座の種類と比べて取り扱い通貨ペアの数が少ない

一つずつご説明いたします。

他の口座ではかからない手数料が発生する

マイクロ、スタンダード口座では手数料は無料ですが、ZERO口座だけは違います。
ZERO口座では1ロット(10万通貨)往復毎に10ドルの手数料が発生します。

入金ボーナスがもらえない

入金ボーナスとは入金した金額の20%〜100%のリアルトレードに使用する事ができるポイントの様なものが付与されることです。
ZERO口座にはスプレッドが他の口座と比較して低い為、入金ボーナスは適用されません。

取り扱い通貨ペアが少ない

これはスタンダード、マイクロ口座では外貨取引のほかに仮想通貨やコモディティ商品のCFD取引も行えるのですが、ZERO口座ではそれらは取引出来なくなっております。

XMのZERO口座の活用方法

ではZERO口座の使い道は?となるのですが
実はもう一つZERO口座にはメリットがあります。
それは約定の速さです。
ZERO口座のみECN取引という他の口座とは別の約定方法をとっております。
このECN取引とは簡単にいうと物凄く約定が早いという事です。
デイトレードやスイングトレードの場合は約定の早さはあまり関係ないかもしれませんが、スキャルピングをメインに取引されている場合ですと約定が遅いのは致命的です。
ですのでスキャルピングをメインに取引される方はZERO口座がオススメです。

XMのZERO口座についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?
XMのZERO口座はスプレッドが安いのがとても魅力的なので上手に活用するのが良いと思います。
XMは最大で5つの口座を同時に保有できますので、スキャルピング用にZERO口座、デイトレード、スイングトレード用にマイクロ口座とスタンダード口座という具合に複数口座を開設して取引方法によって使い分けて使用するとお得な使い方ができます。

是非、この機会ににXMのZERO口座の開設をおすすめいたします。