XMのデモ口座についてわかりやすく解説いたします

XM口座開設ボーナス02 XM

FX初心者はまずはXMのデモ口座を使ってみよう

XM Trading(以下XM)を使用してFX 取引を行う場合まず口座にお金をいれてトレード開始が一般的な考え方ではありますが、実はお金を入金しなくても実際にトレード出来る方法がございます。
その操作方法や始め方等詳しく解説していきます。

デモ口座とは

そもそもデモ口座とはなんでしょうか?
デモ口座とは簡単にいえば練習口座の様なものです。
通常FX取引を行う場合口座にお金を入金してその後リアルトレード、といった具合に進めていきます。
ですかデモ口座の場合この「入金」の手順を飛ばしてトレードが開始できてしまいます。
ただ名前の通り「デモ」口座ですので利益が出ても出金はできません。
そのかわり損失が出ても実際にお金を払う必要もございません。
ただ画面の数字が増減するだけです。

デモ口座のメリット

ではそのデモ口座を使うメリットとはなんでしょうか?
画面の数字が増減するだけでは実際のお金が増えないというのは間違いないのですが「損失がでない」というのがデモ口座の最大のメリットです。
損失が出ないという事はどれだけでも納得いくまで練習して失敗が出来るということです。

FXには様々なインジケータや取引方法があり、自分自身の取引方法を確立していかなくてはなりません。
その際に右も左もわからない状態の中いきなりリアルトレードを行い損失を出してしまうよりはまずはデモ口座で練習をしてそれからリアルトレードに移行しても遅くはないです。

もちろんいきなりリアルトレードから入りデモトレードをした事がないという方も居るのは事実です。
その辺りはご自身の判断で「デモ口座」という練習口座があるんだなと認識しておいて頂ければ幸いです。

XMでMT4.MT5を使用した操作方法

それでは実際にデモ口座を開設から取引までの操作方法を解説していきます。

まずご自身のスマートフォンやPCで対応しているMT4.MT5をダウンロードして下さい。
今回はスマートフォンのご使用を想定して解説して参ります。

MT4の場合(スマートフォン)

アプリを起動して頂きます。

設定タブ(歯車のような形)から「新規口座」を選択して頂き「デモ口座を開設」を選択。

MetaQuotes-Demoを選択し、「登録」から「完了」を押して頂きます。

※この登録画面の「ログイン」「パスワード」はスクリーンショット等で保管しておいてください。
後で必要になります。

その後「設定」のタブから先程開設したデモ口座のログインIDと同じサーバー名を選択し、パスワードを入力します。
パスワードを保存しておくと次回からログインが簡単にできるのでとても便利です。

気配値タブから通貨の価格が実際に動き出せばログインに成功している証拠です。

MT5の場合

MT4同様アプリを起動して頂き設定タブから「新規口座」を選択します。

MetaQuotes Software Corpを選択し必要情報を入力後、1番下の承認をタップし登録を行います。

MT4の時と同様にログイン情報を入力後に気配値が動き出せば成功です。

MT5は最近までデモ口座の取り扱いが無かったのですがようやく実装されましたのでこの機会にご活用下さい。

XMのデモ口座についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?
デモ口座でいくら失敗しても失うものはないのですから納得のいくまでとことん練習してデモトレードで損失よりも利益の方が大きくなってきたとかんじたらその時にリアルトレードに移行を考えても遅くはありません。

是非、デモ口座を開設してデモトレードからFX取引をはじめてみて下さい。