スマートフォンでの取引に便利! XMの公式アプリを解説

XM Trading06 XM

XMの公式アプリがついに登場!XMでトレードする人は要チェック!

XMの公式アプリが登場したことにより、今までMT4、5のアプリでしか取引できなかったスマートフォンに新たな選択肢が生まれました。今回はXMアプリの使い方や、MT4、5アプリとの違いなどを説明していこうと思います。

XMアプリとMTアプリの違い

・XMアプリは入出金もできる
MTアプリでは、取引しかすることができず、入出金ができません。一方でXMアプリは、名前の通りXMの口座専用のアプリですので、取引から入出金まで、アプリ内で全て行うことができます。

・XMアプリでMT4のアカウントは使えない
XMアプリはMT4アカウントを使うことができず、MT5アカウントしか利用することができません。MT4アカウントの方は、そのままMT4アプリを使い続けるか、新たにMT5アカウントを作成する必要があります。

・チャートの表示
MTアプリはインディケータやラインを縦、横画面ともに表示できるのに対し、XMアプリは横画面でしか表示できません。どうしても縦画面でやりたい方は、MTアプリを利用するか、併用するようにしましょう。

XMアプリの使い方

まずはApp StoreまたはGoogle Playから「XM-Trading Point」をダウンロードします。
ダウンロードしたXMアプリを起動し、ログインします。MT5のデモ口座やリアル口座をお持ちの方は、そちらを用いてログインしましょう。この記事では、登録不要で気軽に体験できるゲスト口座を使って説明していきます。

XMアプリ01

XMアプリ02

上の画像は、ログイン後最初の画面です。気配値表示画面では、自分の好きな通貨ペアにカスタマイズすることができます。

XMアプリ03

銘柄をタップすると、チャートが表示されます。この画面からでは、インディケータの表示やラインを引くことができません。

XMアプリ04

スマートフォンを横に傾けると、チャートを大きく表示させることができます。

XMアプリ05

チャートのどこかをタップすると、両脇にアイコンが表示されます。左上から時間足の変更、バーの種類変更、インディケータの表示、ラインの作成、表示中のライン等の編集、銘柄の変更、グリッドの表示、設定となっています。非常に見やすい画面で、多機能を備えていますので、MTアプリと同じような感覚で使用することができます。

XMアプリ06

試しにインディケータを表示させてみます。「インディケータをタップ→Moving Average」で移動平均線を3本出すことができました。

XMアプリ07

ラインも表示させてみます。「ラインをタップ→Trendline」でラインを引くことができました。出現させたラインは、タップをして好きな場所に移動させたり、伸縮させることができます。

XMアプリ08

XMアプリ09

 

続いて、注文をしてみます。チャート画面のレートまたは、気配値表示画面の右下の注文ボタンから注文することができます。

XMアプリ10

買い売り、ロット数などを選択し、「注文を確定する」を押せば注文されます。

XMアプリ11

XMアプリ12

決済したい場合は、チャート画面の「未決済ポジション」から行います。ポジションを確認し、決済ボタンを押せば決済完了となり、損益が確定します。

XMアプリ13

気配値表示画面で画面を左から右にスライドさせると、タブが表示されます。MTアプリは入出金ができませんが、XMアプリはこちらからすぐに入出金することができます。

XM公式アプリの紹介と使い方のまとめ

ここまで、XMアプリの特徴と簡単な使い方を説明してきました。アプリを使ってみた感想としては、とにかくシンプルでわかりやすく、画面が見やすいと感じました。インディケータの種類も豊富で、チャートもある程度自由にレイアウトすることができます。MTアプリと比べて、遜色のない素晴らしいアプリだと思いました。XMのMT5アカウントを持っている方や、これからXMでFXを始めたいという方は、ぜひXMアプリをダウンロードして、スマートフォンで取引をしてみて下さい。