あてはまると要注意!こんな人にはトレードをおススメできません!

未分類

コロナショックの影響や老後年金問題で投資や資産運用を考えたり、興味を持つ方が増えています。

 

私としても、政府や雇用先に頼るのではなく、自分の力で稼ぐ力を身に付けるために

副業や投資を勉強されるのは大賛成です。

 

ですが、やはり人には向き不向きというものが存在します。

ここでは私の経験から投資に向いていない人を書き出していきます。

 

もし自分に当てはまったり、その傾向が見られるのであれば、

投資は控える。もしくは、その傾向を改善してから取り組むことをおススメします。

 

 

向いていない人その①

今、資金に余裕が無く、すぐにでもお金が欲しい人。

 

投資の中には利益を得ることもあれば、損をすることもあります。

最初に負けが続いてしまうという事もよくあることです。

今、資金や生活が危なく、一回でも損失を出してしまうとどうしようもなくなってしまう、という人にはおススメできません。

 

向いていない人その②

自分を抑えることが出来ない人。

 

投資はギャンブルやゲームではありません。

軽い気持ちで取り組むと痛い目に遭ったり、思わぬ損失を出してしまいます。

「負けてしまったので次勝てばいい」

「次で絶対取り返してやる!」

といった心持ちで投資をすると、勝ちポイントではないところでエントリーしてしまったり、

勢いでエントリーしてまた連敗してしまったり・・・

といったことが起こってしまいます。

自分を冷静に抑える自信がない人は、まず心のトレーニングが必要かもしれません。

 

向いていない人その③

言われた通りにできない人。

 

せっかく優秀なインジケーターや手法があっても、欲が出て余計なことをしてしまったり、

すぐに自分流にアレンジしてしまう人は要注意です。

熟練者ならいざ知らず、初心者のうちからいろいろアレンジしていった結果、鉄板のエントリーポイントから逸れてしまったり、

本質を見失ってしまったりします。

完璧にマスターするまでは自分を抑えてデモで練習したり、覚えるまで反復するといった努力なしには勝ち続けることは難しいでしょう。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

身に覚えがある方、またベテランの方も初心に帰る意味で振り返ってみてはどうでしょうか?

やはり、人間は染みついた性格や習慣はなかなか変えることは難しいでしょう。

しかし、本気で稼ぎたい、人生を変えたいという方は、まずはメンタル管理からしっかり学び、

より良い将来の為に思い切って挑戦してみてください!