FXでよく聞くMAM(マム)やPAMM(パム)って何?詳しく解説

トップ画像 両建てFX

FXの特殊な投資法、MAM(マム)やPAMM(パム)について詳しく解説!

よくFXや投資をしていると、MAM(マム)やPAMM(パム)という言葉を聞いたことはありませんか?

あまり詳しく載っているサイトがないので、私自身で調べてみた内容を詳しく解説していきます!

MAM(マム)やPAMM(パム)とは?

これらには正式名称があり、

MAMとは、Multi Account Managerの略となります。

一方で、PAMMは、Percentage Allocation Management Moduleの略となります。

普通のFXとの違いは?

MAM(マム)やPAMM(パム)は普通のトレードとは違い、マネージドアカウント」と呼ばれる運用手法を用いてトレードします。

マネージャー(親)とクライアント(子)が提携を結び、「マネージドアカウント」と呼ばれる、自分のFX会社の口座に入金し、他のトレーダーにトレード(発注指示のみ)をしてもらうという特殊なトレードです。

勘違いされがちですが、自分の口座に入金するため、他人にお金を抜かれる・持ち逃げされるといった心配はありません。

MAM(マム)やPAMM(パム)との違いは?

簡単に言うと、「取引履歴を見れるか見れないか」の違いです。

独自の手法やロジックを他人に見せたくない場合はPAMMを使われています。

どんな仕組みなの?

MAM(マム)やPAMM(パム)は自分の口座と他人の口座を紐付け、他人のトレードをコピーすることが出来ます。

つまり、手法を丸々コピーできるのです。

MT4を起動するだけで、勝手にトレードをしてくれるので、自動売買に近いものがあります。

MAM(マム)やPAMM(パム)を使うメリット

初心でも勝てるロジック・手法でトレードできる!

マネージャー(トレードする人)はクライアント(資金を融資をする人)に代わってトレードをします。

その際にクライアントの資金も合わせることで、多くのロットでトレードすることができます。

クライアントはトレードしてもらうぶん、利益の何%かマネージャーに渡すというwin-winの関係で成り立っています。

MAM(マム)やPAMM(パム)を使うデメリット

マネージャーが勝てるトレーダーなのかを慎重に見極める必要がある。

自分の口座に入金するので、持ち逃げをされることはありませんが、トレードで負けた際は当然口座から資金はなくなります。トレードを任せる以上、勝てるトレーダーなのかを慎重に見極めなければなりません。

MAM(マム)やPAMM(パム)って何?詳しく解説のまとめ

上級者が勝手にトレードをしてくれるありがたいシステムですが、そのトレーダーが本当に勝てるトレーダーなのか、様々な角度から見極めることができれば、マネージャーもクライアントも得をするシステムなのでぜひ有効活用してみてください!