FX初心者は覚えておきたい、海外FXの税金はいくらかかる?

パソコン、FX初心者 FX

FX初心者は覚えておきたい、海外FXの税金はいくらかかる?

FXで大きな利益を得ることを目標にする一方で、気になるのが税金です。

日本は累進課税制度なので、利益を得れば得るほど多く納税しなければなりません。

しかし、海外口座なのだから、少しくらいの利益なら黙っていてもバレない?なんて思ったりしていませんか?

海外口座だから日本の制度は適用されない?

そんな疑問を詳しく解説していきます。

海外FX取引で利益を得た場合、税金を支払う必要がある?

結論から申し上げますと、支払う義務があります。

これは『日本にお住まいの場合は、日本の課税制度が適用され、その課税制度に従って税金を納める必要があります。FX取引で得た利益は、日本の税制上では課税の対象となる』からです。

海外口座に入っているからバレないでしょうと考えていると、最悪の場合脱税容疑で捕まってしまう可能性もありますので、充分気をつけなければなりません。

FX取引で得た利益はどうすればいいの?

日本の税制上では、海外のFX業者を使って得た利益は「総合課税の雑所得」となり、他の所得と合わせて所得税の確定申告が必要となります。

ご自身でトレードで得た利益を日々記録しておく必要があります。

働いている方で副業禁止にも関わらずFXをしており、確定申告をした際に副業が発覚するケースもありますので注意が必要です。

FXはいくらから課税対象になるの?

基本的にはFXで得た利益は雑所得扱いとされます。

そして雑所得は20万円を超えると確定申告をする必要があります。しかし、専業トレーダーの方と、本業で他に収入がありFXでも20万円の所得を得ている方、自営業やフリーランスの方とでは納税の金額が変わってきます。

詳しくはご自身の勤務体系や収入をご確認していただく必要があります。

以下は国税庁のホームページになります。

確定申告が必要な方|国税庁

海外FXの税金まとめ

海外口座だからとうっかり申告を忘れていたり、少しくらいなら大丈夫・・・と思っていると、大変なことになります。

しっかり毎日のトレード記録をつけ、毎日の収支を把握し確定申告を行いましょう。その際、副業でトレードをされている方は本業に影響が出ないかもしっかり調べておきましょう。