海外FXで得た利益は税金は対象?放っておいてもばれない?

トレードの際の注意 FX

海外FXで得た利益は税金は対象?放っておいてもばれない?

いいえ、ばれます。

ばれると罰金?口座凍結?懲役?

そんな危ない橋を渡らないようにしっかり規約と対処法をご説明します。

まずは確定申告する必要があるのか確認

兼業トレーダー(FXの所得が20万円を超える方)

会社員、自営業の方で本業の収入があり、FXの所得が20万円を超える方⇒納税の必要がある

FXしか収入が無い方(所得控除を超えると確定申告が必要)

FXの収入が年間38万円を超える⇒納税の必要がある

FXの収入が年間38万円以下⇒納税の必要なし

そもそもなぜばれるのか?

FX会社は顧客の取引データを税務署に報告することがあるからです。

さらに、現在はマイナンバーと紐づけられているので、簡単トレーダー個人の情報や利益、収入を把握することができます。

どんな罰則があるのか?

無申告加算税・・・本来の税額が50万円以下の場合15%、50万円超える部分は20%の税が課される。

延滞税・・・納期限から2ヵ月までは年7.3%、それ以降は年14.6%の税が課される。

悪質な所得隠し・・・申告漏れが「悪質」だと判断された場合、別途40%の税が課される。

最初は勧告などから入りますが、長期間放置している。悪質な場合は強制で差し押さえなどのケースもありうるので、必ず確定申告をしておきましょう。

海外FXで得た利益は税金は対象?放っておいてもばれない?

再度記述しますが、結論として必ずばれます。

悪質な場合は脱税として罰金、懲役の可能性もありうるので、①自分がどれくらい稼いで課税対象なのか?②どれくらい稼いでいくら税金を払わないといけないのか?をしっかり把握しておく必要があります。