XM口座が凍結された?その原因と対処法は?

トレードの際の注意 XM

XM口座が凍結された?その原因と対処法は?

海外口座を使う上で避けて通れないのが『口座凍結』です。

規約では、『不正行為をしたトレーダーは口座を凍結されしかも再利用、復旧は不可能』とあります。

しかし、それ以外の理由で凍結される可能性ももちろんあります。

原因を把握していなければ、また凍結される可能性もあるのでしっかり読んで理解するようにしましょう。

口座凍結とは?

そもそも口座凍結とはどのような状態なのでしょうか?

①既存のアカウントでXMのマイページにログインできない状態
②既存のアカウントでMT4、MT5にログインできない状態
これらはそもそもログインできないため、何もできなくなってしまいます。
XMに問い合わせて、現状の確認と本当に凍結されたのか詳細を確認しましょう。

どうすればXMの口座凍結から復旧できる?

結論から言うと、復旧はほぼ不可能です。公式に問い合わせても『不可能』との回答が返ってきます。

こうなってしまったら再登録するしかないようです。

何をやったら口座凍結されるのか?

これが一番気になるところかと思います。

もちろんトレーダーの皆さんはリスクを考えると不正行為などはしないかと思いますが、気付かないところで違反や規約に引っかかってしまっているケースもあるのです。ここでは凍結される原因をご紹介します。

①トレードを長期間しない

90日間利用がない口座は休眠口座として扱われ、その口座維持費として毎月5ドルずつ引かれていきます。

そして残高が0になり、さらに90日間経過すると口座が凍結されます。

②同一ユーザーが口座開設ボーナスや入金ボーナスを何度も受け取る

口座開設ボーナスや入金ボーナスを受け取れるのは1ユーザーにつき1回までです。

偽名や親族の名前を使って、同じ人が複数回ボーナスを受け取る行為は禁止されており、ボーナスの悪用は発覚すると口座凍結となりますので絶対にやらないでください。

XM口座凍結のまとめ

現状、明確に禁止とされているこの2つの行為さえ行わなければ、突然の口座凍結はほぼありません。

せっかくのボーナスなどもリセットされてしまうため、気を付けてトレードしましょう。